<犯罪被害者>遺族、中高生に「命の授業」 自殺防止効果も(毎日新聞)

 犯罪被害者の遺族が中学生や高校生に体験を語る試みが全国で広がりつつある。犯罪被害者への理解を深め、社会全体で支えることを目指すための取り組みだが、遺族の講演に伴うアンケートの結果から、生徒の自殺防止につながる効果があることも分かってきた。モデル事業を行ってきた警察庁は来年度以降、同様の取り組みを全国で積極的に広める方針だ。

 <「私が死んでも誰も悲しまないよ」とずっと思っていました。だけど、自分の代わりになる人なんていないんだ。だから今の自分にできることを、これからの人生をがんばろうと思いました>

 <人間関係がうまくいかなくて、死にたいって思ったことが何度かありました。でも生きたくても生きられない人がたくさんいるのに、自分から死にたいと思うのはいけないと思いました。自分の命、他人の命ぜんぶの命を大切にしていきたいです>

 08年夏から秋に宮城県内の中学4校で行われた犯罪被害者に関する講演への生徒たちの感想だ。講演では、横断歩道を渡っていた当時8歳の息子を信号無視の大型トレーラーにひかれて亡くした母親の手記が朗読された。

 宮城県警は4校生徒約1000人に対し、講演前と講演後に同じ内容を尋ねる用紙を配った。回答結果を「自己肯定感」「生きる意思」「社会的きずな」「感受性」に分類して分析すると、すべて講演後の方が統計的に高くなった。とりわけ、感想を自由に記述する文面からは、自殺を思いとどまろうとする態度が顕著にうかがえたという。

 警察幹部は「遺族が体験を語るのは負担が重いが、遺族自身の癒やしだけでなく、生徒たちの自殺防止につながる傾向があり、とても意義深い」とみる。

 警察庁は08年度と09年度の予算で、こうした「命の大切さを学ぶ教室」に計1300万円を計上し、犯罪被害者を支援する民間団体などと連携して、全国10道府県のモデル地域で被害者遺族による講演などを行ってきた。モデル地域以外でも同様の取り組みは広がりつつあり、来年度以降は全国の都道府県警に浸透させるとしている。【千代崎聖史】

【関連ニュース】
<特集>忘れない 「未解決」を歩く
犯罪被害者の会:新補償制度創設要求を決議
殺人時効:ひき逃げ死亡遺族からは不満の声
公訴時効:殺人、廃止答申へ 遺族「歓迎」と「不満」
自殺防止:国防から自殺防止へ 自衛隊幹部候補生、僧侶に転身 入院生活が契機

明治神宮前(原宿)駅「JR線ではありません」(読売新聞)
<5歳児餓死>「夫婦不仲、子に矛先」逮捕の母供述(毎日新聞)
「東国原知事、カタカナ語控えて」県議が迫る(読売新聞)
公明と選挙協力「ない」=小沢氏(時事通信)
<電気機関車>EF510を公開 ブルトレけん引の新型車両(毎日新聞)
[PR]
# by 82cj5rumc5 | 2010-03-09 04:33

<米国務次官補>普天間協議「柔軟に」…現行計画ベスト不変(毎日新聞)

 【ワシントン古本陽荘、草野和彦】キャンベル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)は5日、国務省で毎日新聞の単独インタビューに応じた。日米間の懸案となっている米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について、「米国は柔軟である必要がある」と述べ、日本側から今後提示される移設案を拒絶することなく、政府間協議の対象とするとの考えを示した。一方で、「現行計画がベストという考えに変わりはない」と語り、米軍キャンプ・シュワブ(同県名護市)沿岸部に移設するとした日米合意が最善との姿勢に変わりがないことも強調した。

 日本政府が検討しているキャンプ・シュワブ陸上部への移設については、「日本政府から伝えられた案はまだない」と断ったうえで、「滑走路の長さや海兵隊部隊の一体性など満たさなくてはならない運用上の要件がある」と指摘。具体的な計画案として提示された場合、受け入れ可能か米側の考えを伝えたいとした。

 一方、米中関係に関しては、4月のワシントンでの核安全保障サミットへの胡錦濤国家主席の出席について、「公式な返事はない」と明らかにした。

 中国が国連安保理の対イラン追加制裁決議の採択に否定的なことについては、「中国がこの問題で孤立化したくないのは明らか」と述べ、決議採択に向け、中国に対して影響力を行使する余地があることを示唆した。

 北朝鮮の核問題を巡る6カ国協議再開の時期に関しては「(期限は)ない」と明言。北朝鮮の協議復帰と非核化措置の確約がない限り、「いかなる問題でも米国が動くのは困難」と強調。さらに、北朝鮮が求める協議前の経済制裁解除を否定したうえで、追加的な米朝協議を行うには「即座に協議に復帰するという明らかな兆候」が必要との認識を示した。

【関連ニュース】
【写真特集】米軍普天間飛行場とキャンプ・シュワブ沿岸部
<シュワブ陸上案で調整も…>決着までの壁高く
<地元・名護市長は…>首相に「海にも陸にも造らせない」
<社民党は…>「首相を信じる」福島氏 陸上反対を強調
<記者の目>普天間移設 名護市民は答えを出した

<鳩山首相>朝鮮学校の除外は未定 高校無償化で(毎日新聞)
暴行2教諭を懲戒解雇=修学旅行で生徒大けが−法政高(時事通信)
研究発表先延ばしに…東京理科大へ「爆破」脅迫文(読売新聞)
緊急医療チーム派遣は当面見合わせ チリ大地震(産経新聞)
宮城・気仙沼で推定50センチ、各地で続々津波観測(産経新聞)
[PR]
# by 82cj5rumc5 | 2010-03-07 18:22

沖縄で震度5弱の地震 一時津波警報も(産経新聞)

 27日午前5時31分ごろ、沖縄県の沖縄本島近海を震源とする地震があり、糸満市で震度5弱を観測した。気象庁によると、震源は那覇の東50キロ付近で、震源の深さは約10キロ、地震の規模を示すマグニチュードは6・9と推定される。

 気象庁は午前5時33分に、沖縄本島地方に津波警報を発令したが、午前6時半に警報を津波注意報に切り替え、午前7時に津波注意報を解除した。

 各地の震度は次の通り。

▽震度5弱=沖縄県糸満市 ▽震度4=沖縄県名護市、国頭村、那覇市、宜野湾市、浦添市、読谷村、南城市、鹿児島県与論町など ▽震度3=沖縄県名護市、鹿児島県奄美市など。

【関連記事】
陸自と自治体が「宮城県沖地震」に備えて合同訓練
宮古・八重山地方で震度3 震源は石垣島近海
09年までの10年間で自然災害死の6割は地震 国連
宮崎、鹿児島で震度4の地震
内陸10キロに海の珪藻…古代遺跡が示す大震災「高さ10メートル津波」

<君が代>不起立で処分の都立校教職員50人が提訴(毎日新聞)
阿久根市長、議場に姿=閉会間際で流会に−鹿児島(時事通信)
中日ネルソン投手、釈放=銃刀法違反容疑で送検−沖縄(時事通信)
9割の医師が新薬の14日処方制限を問題視(医療介護CBニュース)
夜間・休日の急病、「救急車を呼ぶ」が半数近く(医療介護CBニュース)
[PR]
# by 82cj5rumc5 | 2010-03-06 01:13

野口さん帰還、6月に=ソユーズ移設作業も(時事通信)

 宇宙航空研究開発機構は2日、国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在中の野口聡一さん(44)が帰還するソユーズ宇宙船のISSからの分離が6月2日に決まったと発表した。
 当初、5月中旬の予定だったが、米スペースシャトルの打ち上げ延期などを受け、スケジュールが調整された。
 また、5月12日にはソユーズ宇宙船を別のドッキングポートに移設するため、野口さんらが搭乗することも決まった。ソユーズに乗り込んでISSからいったん離脱し、別のポートに再ドッキングするこの作業は、昨年7月に若田光一さん(46)も行っている。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
【Off Time】再生-富士山測候所の今
〔写真特集〕太陽と月の神秘 日食
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト

イーエスピー
手配容疑者、来院したら通報=美容外科業界と協定−警察庁(時事通信)
天皇陛下が内井昭蔵展に=皇后さまは発熱で取りやめ(時事通信)
町田市長選 自公支援の石阪氏が再選(産経新聞)
サンラ社、資産差し押さえ 法人税など1000万円超滞納(産経新聞)
[PR]
# by 82cj5rumc5 | 2010-03-04 06:15

来年度予算案、衆院通過―年度内成立が確定(医療介護CBニュース)

 2010年度予算案は3月2日、衆院本会議で民主、社民、国民新の与党3党などの賛成多数で可決され、参院に送られた。予算案は憲法の規定で、参院送付後30日以内に議決されない場合衆院の議決を優先して自然成立するため、年度内成立が確定した。

 10年度予算案は一般会計の総額が92兆2992億円で過去最大。社会保障関係費は27兆2686億円に上り、一般歳出53兆4542億円の約51%を占めた。また、来年度の税収の見通しは37兆3960億円に落ち込む一方で、新規の国債発行額は過去最大の44兆3030億円となる。

 厚生労働省分では、27兆5561億円(前年度25兆1568億円)を計上。このうち、医療分野には前年度比で4342億円多い9兆4594億円、介護分野には1104億円多い2兆803億円を充てている。


【関連記事】
社会保障関係費が5割以上―来年度予算案を閣議決定
医療・介護に11兆円―来年度予算案で厚労省
救急・周産期医療の支援に重点―医政局予算案
未承認薬などの審査迅速化に9.6億円―来年度医薬食品局予算案
前年度比3.9%増の1兆7785億円―来年度老健局予算案

5度目の「竹島の日」 松江で記念式典(産経新聞)
複数分野束ねる「基礎番号」検討=社会保障と税の共通制度で−第2回検討会(時事通信)
行政刷新副大臣に蓮舫氏浮上=法改正後のポスト増見据え(時事通信)
血管拡張する「大動脈瘤」 無症状ゆえに潜む危険 CT検査での早期発見が鍵(産経新聞)
津波警戒で官邸対策室設置=鳩山首相「準備万全を」と指示−政府(時事通信)
[PR]
# by 82cj5rumc5 | 2010-03-02 23:32