教会に消火器連続?投げ込み事件…50件以上も(読売新聞)

 11日午前9時頃、大阪市城東区鴫野西3の「日本フリーメソジスト大阪城東基督教会」で、1階ロビーに消火器が転がり、床一面に消火剤が散乱しているのを、男性牧師(47)が見つけ、110番した。

 玄関のガラスが割れており、城東署は何者かが外から消火器を投げ込んだとみて、建造物損壊容疑で捜査している。

 発表によると、消火器は安全栓が抜かれた状態だった。教会内には牧師一家が住んでおり、家族が同日午前2時半頃、帰宅した際には、異状はなかったという。

 大阪、兵庫、京都、滋賀の4府県で2008年9月以降、プロテスタント系の教会を中心に消火器などが投げ込まれる事件が50件以上発生しており、府警などが関連を調べている。

山崎さん、補給コンテナ設置成功(産経新聞)
横尾忠則さんと渡辺篤史さん、大学教授に(読売新聞)
覚醒剤使用の職員 大阪市が懲戒免職(産経新聞)
大江健三郎賞に中村文則氏(時事通信)
<自立援助ホーム>「あすなろ荘」19歳寮生、初の進学者(毎日新聞)
[PR]
by 82cj5rumc5 | 2010-04-14 14:42
<< 韓国籍牧師、女性信者への乱暴を... 徳島海保が鳴門市沖の貨物船衝突... >>